羊草ーひつじぐさー

チーズ


 この世のありとあらゆるものはうつくしい。

 ふだん、なにげなく食べているものも。


 
b0110646_10573349.jpg


 木次乳業のプロボローネ。

 うつくしい。


 
 私たちはたえず動いていて、いつも少し先のことを見たり考えたりしながらいる。

 目の前のコップの水を飲もうと手を伸ばしながら、実はコップの水のことは見ていない。
 飲んで渇きが潤った自分の感覚を想像したり、はたまたこれから乗るバスの時間なんかを気にしたりしているかもしれない。

 水の透明感。
 汗をかいたガラスの、みずみずしい雰囲気。
 それが今、目の前にあるのに。


 チーズを切っているときは、目の前のチーズのことだけ見て、感じていたらいい。

 ナイフが重く鈍く入っていく感覚とか。
 切り口の新鮮な色のきれいさとかなめらかさとか。

 その味のことなんか、そのときは想像しなくていい。
 そんなふうに少しでも未来に気持ちをとばしていては、「今」の感動をのがしちゃう。

 チーズの美しさを味わっていたら、勝手に自分が運ばれていく。





b0110646_10581621.jpg


 そのチーズのおいしさに。

 今、目の前にあるおいしさの、まずは匂いでも感じてみることにする。
 





 















 
by hituji-gusa | 2013-02-20 11:22 | 「う」のひきだし