羊草ーひつじぐさー

羊の本


 これは羊の本。


b0110646_22122089.jpg


 ぶ厚い本。

 世界のあらゆる羊が、写真と文章で解説してある本。

 羊はその愛らしい姿と、羊毛、それも洗う前と洗った後のもの、紡いだ糸、それで編んだモチーフが写真に収められている。
 羊好きにはたまらない本。

 
 飼い犬が犬くさくても、そのにおいすらかわいいと思えるように。
 洗う前の羊も羊くさいが、くせになる。

 それだけでなく、羊には不思議な魅力がある。
 魔力というか。

 奥が深くて、その奥がさらに広がっているというか。




b0110646_22123252.jpg


 先日の淡いえんじ色の格子の布とは、違う種類の羊を使っています。
 見た目では分からないけれど、手触りはまた違う。

 糸にして布になる。
 これが、最初出会ったときは、毛刈りしただけの、けものくさい羊の毛だったなんて。

 洗ったら白くなって、紡いだら糸になって、織ったら布になる。
 不思議。
 すごい。
 





 













 
by hituji-gusa | 2013-10-19 22:36 | 羊のこと