羊草ーひつじぐさー

電磁波を狂わせる怪獣


 昨日の朝。
 目が覚めたら、隣で寝ていたiPhone「チャッピー」が死んでいた。

 時間を確認しようと思って、電源を入れようとするが反応がない。
 あれこれ試してみたが、すでにこと切れている様子。
 出会ってまだ1年と2ヶ月。あまりに早すぎる別れ。おおお。

 「どうしてなんだチャッピー! まだ死ぬには若すぎる! 
  それもだけど、私の撮りためた写真は!? アドレスは!? バックアップ取ってないんだけど」
 そう、悪いけどチャッピー本体よりも、あのお宝画像とかの方に未練。

 
 そんなわけで急いで、近くのAppleに持って行きました。

 原因は不明だが、とにかくお前はすでに死んでいると。
 よくわからないうちにAppleCareに入らされていたため、タダで同機種の新しいiPhoneと交換してくれた。
 よかった。隣の席に座っていたおじさんは3万いくらか請求されてたぞ。

 というわけで、チャッピー復活です。
 データの方も、知らないうちにバックアップ取れてて、アドレス、写真はもちろん、壁紙から、残していたメールに至るまで、すべてが復旧した。
 ただ容れ物が新しくなっただけ。逆になんか得した感じ。

 しかし、どうしてこんなことになったんだろう。
 水濡れや衝撃が原因でないことはAppleで確認済み。
 そういえば、ここのところちょっと体調が悪かったから、私から発する電磁波の影響をもろに受けたか。
 可哀想なチャッピー。

 すごく調子が悪いとき、家の電気がやたら切れたり、目の前で、茶碗が静かに真っ二つに割れたりすることがあった。
 逆にすごく快調なとき、家の電気がやたら明るくなったりすることもあった。
 あ、人に危害を加えることはありませんので安心してください。念のため。


 と、前置きが長くなりましたが、今日は電磁波を狂わせる怪獣が出演する映画をご紹介しようと思っていたんでした。
 その名は「大怪獣モノ」。

 「いかレスラー」、「日本以外全部沈没」などの名作B級映画を残してきた、河崎実監督の作品。
 なんといっても、主演がプロレスラー飯伏幸太とくれば、どこにあっても、這ってでも観に行かねばならんでしょ。
 実際、住んでる県内での上映予定はないので、車か新幹線で出かけないと観ることができない。
 プロレスと一緒だ(泣)。









 「いかレスラー」の河崎実監督による怪獣特撮映画。プロレスラーの飯伏幸太が巨大化し、怪獣とバトルを繰り広げる。
 東京に出現し、首都を蹂躙する「大怪獣モノ」に手をこまねいていた防衛省は、バイオ研究の第一人者である西郷博士に助けを求める。博士に万能細胞「セタップX」を投与された助手の新田は、身長40メートルの超人に変身し、大怪獣モノに立ち向かう。
 巨大化した新田役を飯伏が、巨大化後の第二形態の新田役をプロレスラーの鈴木みのるがそれぞれ演じる。テレビ「獣電戦隊キョウリュウジャー」ブラック役で知られる斉藤秀翼、ファッションモデルの河西美希、モデルでプロレスラーとしても活躍する赤井沙希らが出演。

                         映画.com サイトより


 私はウルトラマンシリーズなどの特撮モノも昔から大好きなので、ウルトラマンレオの主役、ゲン役の真夏竜が西郷博士役で出演していたり、ウルトラマンレオで、ゲンがモロボシダンから「滝を切れ!」との修行を命じられたシーンのオマージュが、「大怪獣モノ」で見られることなどもチェック済み。

 なんといっても、セタップ細胞とかいう、どこかで聞いたような万能細胞により、人間そのもののまま巨大化し、パンツ一丁で怪獣と戦うという奇想天外かつ、低予算な試みと、何よりも主演が飯伏幸太なのが素敵すぎるので、この映画はこの夏のイチオシです。


 飯伏幸太という人は、春にもアメリカで「怪獣ビッグバトル」に参戦して、怪獣をやっつけてた。
 この人の素敵なところは、この人の中に、できるだけたくさんの人にプロレスに触れてほしいという思いが一貫してあることだ。
 もちろん、そういう筋のプロレスばかりする人ではなく、アスリートとしてもすごいプロレスを国内外でやっている、実にすごいレスラーです。

 というわけで、すごい方の映像も是非。


 




 
 復旧した「チャッピー」。

 無事に復元されたお宝画像とは、先日、大阪の興行での、飯伏選手との奇跡のツーショット写真でしたとさ。
 めでたし、めでたし。


 
     大怪獣モノ 公式サイト
 


 


 
by hituji-gusa | 2016-07-11 15:11 | 趣味の小箱