羊草ーひつじぐさー

またまた、空に近い場所


 空は、秋から冬へ。


b0110646_2042537.jpg




 
 ふと思い立っては、時折、近所のハイキングコースを歩く。

 氷水を水筒につめて。甘いコーヒーのときもある。


 
  
b0110646_20431562.jpg


 


 頂上。
 ちょっとだけ、空に近い場所。

 携帯用のコンロを買って、頂上でコーヒーを淹れて飲んだらいいよなぁ、とか思う。
 鍋焼きうどんをして食べてる男性を見ると、それも羨ましい。




b0110646_20434133.jpg





 時折、周りに誰もいなくなる。
 しんとした林の中を、サクサクと落ち葉を踏んで歩く。

 登るときも、下りるときも、一歩一歩に「今」を感じて歩くのがいい。
 
 いつも出会う、かなり年配の女性がいる。
 一人でさっさと登って降りて、きっと日課なのに違いない。
 背筋が伸びて、私よりずっと健脚で。ちょっと憧れている。


 

b0110646_2044984.jpg




 場所によって、枯葉の色が茶から緑に変わったり、木々の間からの光が変化したり。

 どこからかキツツキが木を叩く音がする。




 



 


 
by hituji-gusa | 2016-11-27 21:13 | 日々のあれこれ