羊草ーひつじぐさー

カテゴリ:いろやかたち( 27 )

じゃがいも


 朝、スープに入れるじゃがいもを切っていたら、


b0110646_20115325.jpg



 こんなことになりまして。
 
by hituji-gusa | 2013-06-21 08:12 | いろやかたち

教会

 

b0110646_20472239.jpg





 教会は祈りのためだけの場所ではなく。





b0110646_20472221.jpg



 音を味わうための場所でもありました。

 この日、ここに座ってギターを弾いたのはギジェルモ・リソット。
 若くて美しい、アルゼンチン出身のギタリスト。


 日本福音ルーテル岡山教会は、音響がいいので評判です。
 マイクなどいっさいなしです。
 ただ、ただ、生音。

 がっついたわけでもなく、最前列。
 目を閉じると、まるで私のために弾いてくれているかのよう。

 
 コンサートの前にワークショップがありました。
 広大なアルゼンチンの、方々のフォルクローレのリズム、曲調について実演しながらのレクチャー。
 歴史も感じられて深かったです。


 この場所で、カルロス・アギーレも演奏したそうな。
 天使が舞っているかと思うような神々しさだったとか。
 



b0110646_20474553.jpg


 
 

 
by hituji-gusa | 2013-06-11 21:13 | いろやかたち

河のほとりのピアニスト


 昨日、川のほとりのマーケットで、こんな美しいジャケットのCDを見つけました。


b0110646_1334969.jpg



 中身はこんな感じ。
 一枚一枚が違うという贅沢さ。


b0110646_1344143.jpg


 カルロス・アギーレというピアニストのことは初めて知りました。


 アルゼンチン音楽を代表する孤高の存在にして生ける伝説。現代フォルクローレ・ムーヴメントの精神的な支柱として、厚い信頼と幅広い支持を得るコンポーザー/ピアニスト/シンガーそして詩人。
 1965年、アルゼンチンのエントレリオス州の小さな村、セギーに生まれる。フォルクローレなど自らの郷土の音楽に深く親しみながらも、キース・ジャレットやパット・メセニーなどのモダン・ジャズにも影響を受け、80年代後半より音楽活動を始める。セッション・ピアニストとして頭角を現した後、2000年代に入り、自身のグループでの活動を開始。
 現在は自然豊かなパラナを拠点に、都会の喧噪とコマーシャリズムから遠く離れ、河のほとりで創作活動を続ける傍ら、自身が主宰するレーベル「シャグラダ・メドラ」より「カルロス・アギーレ・グルーポ」名義で3枚、ソロ名義でピアノ作品を1枚リリースし、どれもが名作として大きな評価を得ている。特にグルーポ名義での作品は、全てに1つ1つ手描きの水彩画を封入するなど強い美意識とこだわりを感じさせ、もはや音楽を超えたアート作品の域に達している。



 2012年のツアーの紹介文より。
 岡山にも来ていたそうで、いつかまた機会があればぜひ行ってみたいです。

 河のほとりで制作活動を続ける・・・というのがすてき。






 先のジャケットのCDタイトルは「carlos aguirre grupo」。
 動画の曲はこのCDには入っていませんが。 

 
 こういうサイトも見つけました。  → bar buenos aires 

 同名のコンピレーションアルバムもあります。
 これもまたすばらしい。

 
by hituji-gusa | 2013-06-03 13:23 | いろやかたち

流れ星、のような


 ひこうき雲。



b0110646_11445740.jpg


 昨日の夕暮れはなかなか壮大でした。

 
by hituji-gusa | 2013-04-29 11:47 | いろやかたち

ひとつ



b0110646_1829586.jpg



 植物園でこんないちゃいちゃした木をみつけて、いや~ん、って思ったんだけど。


 上を見たら、神々しいばかりでした。




b0110646_18291578.jpg


 



 
by hituji-gusa | 2013-04-26 12:44 | いろやかたち

桜色



b0110646_1812513.jpg


 植物園を歩いていたら、そよかぜとともに、頭上からはらはらと桜の花びらが舞い降りた。

 この桜色が、私はとてもとても好きだったんだな。
 いまさらながらそう思いました。

 
 



















 
by hituji-gusa | 2013-04-25 18:24 | いろやかたち

塩の渦



b0110646_1715638.jpg


 静謐な空間。





b0110646_17142581.jpg


 塩の渦。


 瀬戸内市立美術館で展示の、山本基さんのインスタレーションを観た。
 素材は塩。





b0110646_17152730.jpg


 近くで見るとこのような。

 
 塩って、やはり清浄なもの。
 とにかく気持ちのよい空間が出来上がっていて、かなり長居してしまいました。





b0110646_17144717.jpg


 渦もいい。


 山本基さんの制作風景、塩を使う理由。
 インスタレーション後にその塩がどうなるか、そしてその塩に対する思い入れ。

 とても興味深い動画です。



 




 













 
by hituji-gusa | 2013-04-19 17:26 | いろやかたち