羊草ーひつじぐさー

<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

わたしの家


 子供の頃。

 紙の上に、街を作るのが好きだった。


b0110646_17204432.jpg


 まず、大きな道路を描く。

 私はどういうわけか、まずパンやさんを開店させる。
 そしておもちゃ屋、本屋さん、消防署、郵便局・・・と。

 
 今だって、私の内には街がある。
 
 私だけの街。


 海が近い。
 堤防の先には、時を感じさせる小さな灯台がある。

 街には犬の格好をしたバスが走っている。
 最近、教会ができた。

 その街に、私は家を建てました。



b0110646_17205412.jpg


 今日は入り口だけよ。
 また今度、招待するからね。


 
 京都のスピンハウスポンタから、毛布用の羊毛が届いた。
 ブラックウェリシュ、ダウン、ジャコブ。
 ばふばふの、弾けるような手ざわりの、暖かい毛布を作りたい。

 ポンタさんは、ブランケットはそれだけで小さな家だと言う。
 「家を何軒も建てるのね」
 電話の向こうでポンタさんは笑った。


 誰かを包(くる)むもの。
 どこへでも持ち運びのできる、小さくてやわらかな家。
 さむい心も身体も、しっかり包んでくれる安心。


 ささやかな私の一生に。
 このさき何軒の家を建てることができるのかしらん。



 





 
by hituji-gusa | 2009-05-23 17:46 | 羊のこと