羊草ーひつじぐさー

<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

来年の自分に


 今週は、毎日誰かと出かけている。
 考えてみると、ありがたいことです。

 誘ってもらうことの方が多いけど、大抵がその日か翌日の予定。
 すっと決まって、さっと出かける。

 書き留めておくほど先の予定がないので、手帳は持たなくなった。
 持っていたときも、ほとんど使っていなかったけど。


 そんな自分に、来年の手帳を買ってあげました。

 ロフトに行ったら、バカボンのパパの手帳があった。
 それを持っていたかったのと、ふと、来年は書き込んでおくだけでうれしくなるような予定を書きたいな、という思いが湧いたから。
 というか、なんとなくそういう予定を書く自分が見えた気がして。

 そんな来年の自分にプレゼント。





b0110646_17114054.jpg





 そうしていたら、素敵な言葉を見つけました。

 谷川俊太郎さんが、バカボンのパパとコラボした劇画詩集。
 「谷川俊太郎エトセテラリミックス」という本の中にそれはあリます。




b0110646_17172975.jpg




 自分トフタリッキリデ暮ラスノダ
 自分ノパンツハ自分デ洗ウノダ
 自分ハ自分ヲ尊敬シテイルカラ
 ソレクライナンデモナイノダ
 自分ガニコニコスレバ
 自分モ嬉シクナッテニコニコスルノダ
 自分ガ怒ルト自分ハコワクナルノデ
 スグニ自分ト仲直リスルノダ
 自分ハトッテモ傷ツキヤスイカラ
 自分ハ自分ニ優シクスルノダ
 自分ノ言ウコトサエキイテイレバ
 自分ハ自分ヲ失ウコトハナイ
 自分ハ自分ガ好キデ好キデタマラナイ
 自分ノタメナラ生命モ惜シクナイ
 ソレホド自分ハスバラシイノダ





b0110646_1732192.jpg




 傷つきやすい自分を、弱い者扱いして嫌っていた自分がいた。
 いつ、そんなことを思い込んだんだろう。

 傷つきやすいけれど、とても精神的にタフな自分がいることにも気づいていて、でも、それを認めてあげることがなかなかできなかった。

 傷つきやすい繊細な自分も、今は好きです。
 そうでなくては自分でない。
 それでも、いろんなことを越えてきた。
 でも、それを認めてあげるのも、認めてもらえて嬉しい気がするのも、自分だということに気がついたのです。

 そうしてみると、他人ってなんだろう。
 他人に認めて欲しかった自分ってなんなんだろう。
 そんなことを思ったりして。


 来年からは、手帳を見るたびに、この言葉を自分の中に思い出せるかと思うとちょっとうれしい。


 自分の言うことさえ聞いていれば
 自分は自分を失うことはない

 自分は自分が好きで好きでたまらない
 自分のためなら生命も惜しくない
 それほど自分は素晴らしいのだ

 
 
 
 





 



 



 






 
by hituji-gusa | 2016-10-20 18:13 | 読書の時間

ステキな熊雄さん


 熊雄さんのことを好きになって、もう何年になるだろう。
 ステキな熊雄さん。

 クマオランドを作る夢はどうなったんだろう。
 夢は大きな熊雄さん。

 実はとても運動神経がいいらしい。
 最近、CMを観てビックリした。
 そして惚れ直した。
 逞しい熊雄さん、ステキ。




 



 「最初、スタッフの人たちは僕が何も出来ないだろうと決めつけていて、悔しかったのでがんばりました」

 エステー宣伝部によるインタビューに答えて、熊雄さんはそう言っていた。
 さすが熊雄さん。私が惚れるだけのことはある。


 でも、熊雄さんはこんなことも言っていた。

 「ボクシングはちょっと経験がなかったので、スタッフにお願いして元日本チャンピオンにやってもらいました」

 「スピードクライミングですが、登ろうとしたら凄く怖かったので、仕方なく現役のロッククライマーに代役を」

 「テニスはインカレにも出場したことのある人で、競輪は現役競輪選手ですね。だって自転車に乗ったことないから」

 あれ?実は熊雄さんじゃなかったってこと?
 でも、そう問い詰められて、熊雄さんはこう言い切った。

 「実際にはやってないですが、僕のようにやってもらえるように指示を出したので、あれは僕です」

 やっぱり熊雄さん。
 ステキ。




b0110646_1438879.jpg





 熊雄さんが頑張る、メイキング映像がこちら。






 助かるわぁ〜♡










 ゆるゆるな、こんなシリーズ動画もありました。

 カワイイ熊雄さん。





 



 
by hituji-gusa | 2016-10-16 14:50 | 趣味の小箱

収まる


 狭いところに収まるぼく。



b0110646_2071454.jpg




 上から見るとこんな感じ。



b0110646_2093533.jpg




 車とか言われています。


 



 
by hituji-gusa | 2016-10-15 20:09 | 本日のタロさん

虎の中身


 ついに放映が始まった、アニメタイガーマスクW。


b0110646_2361196.jpg




 週末の超深夜帯の放送ながら、視聴率はなかなかいいそうで。
 アニメタイガーマスクが大好きだった私としては、高岡健太郎が枯れたおじさんになっていたことにいささかショックを受けたことを除いては、これから週末が楽しみだなぁと。


 今日は、放映開始を受けて、新日本プロレスのリングにリアルタイガーマスクWが登場するとのこと。

 本作では光と闇の二人のタイガーが登場する。
 タイガーマスクとタイガー・ザ・ダーク。

 新日本のリングには、リアルタイガーマスクが上がるらしい。










 いやーん、中身は一体誰なのよ。
 煽っておいて、しょうもない動きだったら許さんけんね。

 そして。




b0110646_2365524.jpg

                                    (新日本プロレスさんのツイッターより拝借)



 なんと!虎の中身は飯伏だった。
 あれ?あれ?まさか、と思ったけれど、その動きから疑いようがない。
 今日もしっかり飛んで、跳ねていた。

 今年の2月に新日本を退団したので、アニメ化された彼を見ることができないことが残念だったのだけど(新日本プロレスの選手がアニメには登場するので)、タイガーそのものが飯伏ならもう何も言うことはありません。
 ああ、もう何も言うことはない。

 この幸福感のまま、今日はこれにておしまいです。


 


 




 



 
by hituji-gusa | 2016-10-10 23:52 | 趣味の小箱

食べちゃダメ



b0110646_992855.jpg



 そのおじさん誰?
 あ、そうか。今日はパンじゃないんだね。

 でも、それ食べたら、ぼくヤバいよね。
 食べちゃダメだよね。

 だからチラつかせないで。
 お願い。








 
by hituji-gusa | 2016-10-06 17:04 | 本日のタロさん

自由な一枚の布



 モンゴルの駱駝の毛糸で、ちまちま編んでいた。

 長さに納得がいったところで、やっと編み上がりです。



b0110646_1136146.jpg



 縦140㎝、横75㎝(だいたいのところ)。

 シンプルなメリヤス編みの、一枚の布。

 編んだ布は、織った布よりも身に沿う感じが好き。
 このドレープ感が。




b0110646_11364620.jpg




 たっぷりした雰囲気に見えるけれど、案外軽い。

 肩に沿って羽織ると、ちょうど両手首までの長さになる。
 裾を輪にして袖のようにすると、いわゆるマーガレットとして着やすいとも思ったけれど、用途が限られるのでやめた。

 頭からかぶって、首で布をピンなどで止めてから脱いでみると、フード付きの大きなマフラーのようになる。

 アシンメトリーに、斜めに羽織ると形の変わったカーディガンのようでもあり。


 

b0110646_11393588.jpg


 
 この編みっぱなしのクルクルと、布の四隅のトンガリがアクセントになる。

 腰に巻いたらスカートのようで、しかも軽くて暖かい。

 一枚の布のままにしておく方が、あれこれ楽しめそうです。


 布が好きだ。

 布は楽しい。

 できれば布のままである方がいい。


 マフラーやショールを織る。
 そう思ったら、なんとなく機に向かえなくなった自分がいました。

 用途や目的、自分の予定や期限。
 そういったものを自分の中に持たないで、心も身体もぶらぶらしていたところ、やっと答えの一つが出たような。


 まあ、もとより作家でもないので、気にすることもなかったんですけど。
 なんだか、そういった「何者か」になれたらいいのかな、と思ったことも正直あった気がします。
 でも、私の「いい加減さ」は尋常でないことにも気がついて、人に迷惑をかけてしまうのが嫌で。
 でも、そこを愛さないと自分ではいられないことにもほとほと気がつきました。

 それを仕事だと思うと、手が止まってしまう自分がいて。
 楽しいと感じられないと、何事からも逃げ出したくなる自分がいて。

 自分のその「無責任」を愛さないと、もう何にも表現ができないと思うところまで、実は来てました。
 文章を書くことも、糸を作ることも、布を織ることも、家事も、誰かに会っておしゃべりをすることも、どこかに出かけて何かを感じることも。
 そういったことのすべてが私の中では「表現」の一つひとつと気がついて。

 どれかを特化したり、そういう区別ができないくらい、ひょっとすると私は、「私自身」を表現していきたいのかもしれない。
 そんなことも感じています。


 今、私はお勤めをする社会人でもないし、家庭人もほぼ卒業してぶらぶらしていますが。
 そんな私と楽しく過ごしたいと言ってくれる人たちが巷には結構いて、おかげさまで日常を、孤独とは無縁に過ごしています。
 もちろん、近くにいる人たちばかりではありません。
 なかなか会えない、大好きな人たちとの間にも、私はそういったものを感じています。

 例えば、ものを作る私が、それを通じて初めての人とご縁ができたとして。
 なんだかこの人と喋ってみたいな、と思われないようなら自分がつまらないな、と思ったのでした。
 ものを作る意味もないかもな、とも。

 それほど、私の表現するすべてのことが、私そのものを表現していたら、それが一番私が生きやすく楽しいのかな、と思ったのでした。
 うまく伝わるかなぁ。


 



b0110646_1141244.jpg



 次に、何をどうしたいかな、と思って、引っ張り出してきた糸がこれら。

 カセにしてあるのは、ショールにでも思って細く紡いでいた羊毛。
 帯のついたままの毛糸は、先日、横浜にプロレスを観に行った折、東京駅近辺にある「kitte」というビル内をウロウロしていて出会った、靴下編み用の細番手。

 素敵な毛糸屋さんがある!
 ワクワクして店内に吸い込まれたら、珍しい外国の毛糸の数々。
 この店は只者ではないな、と思ってよく見たら、日頃から憧れていた毛糸屋さん「MOORIT」の実店舗でした。
 なんと。




b0110646_114305.jpg



 普段からなんとなく眺めていた、MOORITの書籍。
 心を自由にしていると、こういう楽しい偶然もいろいろやってくるなぁ、って。

 そんなこんなで、感じるままに、今日も明日も生きたいのです。







 
by hituji-gusa | 2016-10-05 13:08 | 羊のこと

ぬ、ぬお〜っ



b0110646_23115098.jpg



 あんまり可愛かったので、某ニュース画像をこっそり拝借させていただきました。


 そして、そのときの映像も見つけましたので、貼り付けさせていただきました。







 た、たまりません。

 


 



 
by hituji-gusa | 2016-10-02 23:23 | 趣味の小箱