羊草−ひつじぐさ−

サマーブランケット


b0110646_13131363.jpg

 新しいクウネルが届いた。

 なんといっても目を引いたのは、「スワンズ・アイランド・ブランケット」という工房で作られる、ウールのサマーブランケットの話。
 フリースから選定し、機械紡績ではあるけれど、夏といっても夜は肌寒い地方の夏用ブランケットに興味津々。


b0110646_13133190.jpg

 
 こういう記事や写真を見ると、ゾクゾクしてくる。

 何が一番作りたいかと聞かれると、ブランケットや服地などの大きな布だ。
 ことにブランケットは、頭の中で計画が目白押し。
 しかし、諸般の事情でなかなか手につかない。

 今回、展示が流れて、とりあえずマフラーなどの小物にこだわらなくてもよくなったので、気持ちは自由になりました。
 そんなわけで私は飛びついた。
 サマーブランケットに。


b0110646_1314174.jpg


 寝かせていたチェビオットをせっせと解毛し、白8・グレー2の割合でまぜて。


b0110646_1314131.jpg


 五番手くらいに紡ぎはじめた。
 梳毛に紡いでいます。
 おかげで、細番手のショールは制作が止まってしまったけれど、こういう身体の中からふつふつと湧いてくるような意欲こそうれしい。
 だって、好きで楽しくやるぶんなんだから。


b0110646_13142224.jpg


 ちなみに糸の生まれる瞬間とはこんな感じです。

 10月に東京で、スワンズ・アイランド・ブランケットの展示即売会があるとのこと。
 いいなあ、どんなものなのか、手にとってみたい。
 しかし、お江戸は遠いのだ。









 
# by hituji-gusa | 2008-09-23 13:49 | 羊のこと